« [映画]「ほとりの朔子」 | メイン | [映画]「THE IDOLM@STER MOVIE 輝きの向こう側へ」 »

2014年01月29日

[映画]「少女は自転車にのって」

ハイファ・アル=マンスール。サウジアラビア、ドイツ合作。2012年。
公式サイト:http://shoujo-jitensha.com/(※音声注意)

保守的な傾向が強く、それよって女性の行動が制限されるサウジアラビアでは、
女性は自動車に乗れず、ひとりでの外出が大変な地域であるという。
そんな国で、10歳の少女ワジダが、
男の子の友達アブドゥラと自転車競争をするために奮闘する。

映画自体は、
サウジアラビアの基本情報を知らずに見ても楽しめるようになっている。
もちろん、サウジ社会やイスラームについてのある程度の知識を持った上ならば
この映画の中から、よりいろいろな発見ができるかもしれない。

要は、主人公が自転車を手に入れるまでのお話であり、
内容はとてもシンプルである。
だが、社会的な制限がある中で(映画の撮影にもさまざまな制限があったという)
こうした内容の映画を撮るというのは、かなり挑戦的なことなのだろうと思う。

自分の信念を貫き通そうとするワジダと
そんなワジダをなんだかんだで気にかけ続けるアブドゥラとのやり取りや、
保守的な学校とワジダとの関係の描写が面白い。

また、ワジダと、彼女の母との関係に注目しながら見るのもいい。
ワジダの言動に影響を受けて、
また、夫の言動に影響を受けて(と言うよりはショックを受けて)、
ワジダの母の考えが変化(成長?)する点が丁寧に描かれていると思う。

投稿者 むすてぃー : 2014年01月29日 23:16

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://mriko.s96.xrea.com/mt/mt-tb.cgi/972