« 2013年03月 | メイン | 2013年05月 »

2013年04月18日

[音楽]フィフス・ディメンジョン

ももクロの新譜買いました。いい感じです。
コンセプトは「5つ目の次元」ということなので、
新しい表現にチャレンジしようという意思の表れなのかなと思えました。

全体を通して聴くと、どことなく宇宙のイメージを彷彿とさせるような感じが
アルバム全体を貫くコンセプトのように感じましたが、
この「宇宙的なるもの」は何のメタファーとして働いているのでしょうね。
「新しさ」を「宇宙」のメタファーで表現したのかなと解釈しておりますけど。

音楽表現における「宇宙」と「新しさ」との関係といえば、
過去にもL'Arc-en-Ciel「NEO UNIVERSE」の例があったりします。
「宇宙」=「未来において人間の生活空間になるかもしれない場所」
というイメージの結びつきが大きいのかもしれません。

新しさを全面に出すというのは、
既存のイメージを打ち破って、
新しいイメージへと変身しようという思いがあるように感じられるので、
個人的にはよいことだと思っております。

もちろん、新しければ何でもいいというわけではないのですが、
「新しさ」なくして発展はありえないわけですし、
仮に、提示された「新しさ」が失敗であったとしても、
欠点を発見し、改良を加えてよいものへと作り替えていけばよいのです。

話を戻して。
ももクロちゃんの新譜は、制作陣がかなり多様になりましたね。
制作陣が多様である割には、ある程度統一された方向を向いて
うまくまとめられているのがよかったです。

投稿者 むすてぃー : 03:12 | トラックバック