« [雑事]予報によると、明後日の天気は曇り時々雨 | メイン | [拍手返信]9月21日分 »

2009年09月21日

[雑事]「旅と交通」(アンダーソン)

『一月物語』の主人公である井原真拆が考えていたように、
自分にとって旅は、心身の治癒効果を期待できるものだった。
現実逃避に安らぎを求めているような感じではあるのだけど、
現実逃避をしないと息が詰まってしまう自分がいることは否定できない。

先日、関西方面へ行ってきた。
半分は自分の仕事のため、もう半分は休息という名前の付いた現実逃避のために。

休息のために行った側面もあったのに、
肩の重たさがとれないのでちょっと切ない。
::::::::::

閑話休題。

ちょっと古いですが。
大学生、「一人で学食入りにくい」6割 「便所飯」経験は2%

ひとりで学食には入れないっていうのはいいとして、
だからといって、わざわざトイレで食べなくてもいいんじゃないかと思う。

投稿者 むすてぃー : 2009年09月21日 11:35

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://mriko.s96.xrea.com/mt/mt-tb.cgi/881