« 2007年04月 | メイン | 2007年06月 »

2007年05月29日

[雑事]ヒロイン

たまけん先生のブログで紹介してた「ヒロイン傾向占い」、
やってみました。
::::::::::

> むすてぃーさんは暴走超特急ヒロイン型です!

> ● 明るく真っ直ぐな性格が魅力。
> 思い立ったら即実行な為、損も得も同じ位経験して来ています。
> しかし苦労を苦労と思わない前向きな性格で、どんなことでも乗り越えられる人です。
> 落ち着きや抑えが効かないのが玉に傷。

> 【ヒロイン的傾向】
> とにかく一所に留まっていられない貴方。
> 好きになったら即告白、嫌いになったら即離別。
> 極端で、中間・ほどほどと言う言葉に縁遠い貴方。
> しかし「人間誰しも欠点はあるさ」という大人な考えも持っているので、
> 理不尽な事で離別する事はなく
> 「欠点? 気にすんな!」とばかりに相手を引っ張って行くタイプです。
> 相手も、貴方に好かれる事は誇らしい事だと喜んでくれますが、
> 基本的に常識人は苦労を強いられるはず。

> 少しは自分の欲求を押さえる努力をしましょう。

> ●好相性●
> 弱気、むしろヒーロー。

> ● むすてぃーさんの来世は、ウンモ星人です!
::::::::::

これは素敵なヒロインですね
個人的には好きだけど、
いやしかし、自分がそういうタイプとは。

ウンモ星人が何かは敢えて問わない。

投稿者 むすてぃー : 02:39 | トラックバック

2007年05月28日

[雑事]NMKにようこそ

自分の何が、自分以外の人にとってプラスに作用しているのだろう。
時々何も作用してないんじゃないかと思うことはあるが、
その程度の存在なのかと思うと寂しくなってくる。
頑張ろう。
::::::::::

日本メイド協会
メイド検定なんてやるんですね。
日本でそんなに需要あるんですかねぇ、メイドって。

「日本メイド協会」を略すとNMKとなるだろうが、
遠目で見ると、NMKという文字列がNHKと見えるかもしれない。

投稿者 むすてぃー : 02:37 | トラックバック

2007年05月24日

[拍手返信]5月23日分

>センサーに反応しない   お前はもう死(ry

「俺は人間をやめるぞジョジョーッ!」

しかし覇王さんは、たまに自動ドアに挟まれます。

挟まれそうになることはあっても、実際に挟まれたことはほとんどないですねぇ。
「ほとんど」という言葉にはツッコミを入れないようお願いします。
::::::::::

あと、「自分自身もたまにやります」というのが、
センサーに反応せず、閉まったままの自動ドアに頭をぶつける
「自分は幽霊か」と、たまに自分に肉体があるのか疑いそうになります。
あるいはたまたまセンサーに反応しない服を着てしまったのかとか。
何そのステルス仕様。

自動ドアの前まで歩くと、よく
「手を伸ばして、その伸ばした手にセンサーを反応させて自動ドアを開ける」
ということをやってます。
半ば遊びの気持ちでやってるというのもありますが、
頭をぶつける心配は(若干ですが)減りますね。

その一方で、近所のコンビニの自動ドアは、
自動ドアの近くにある商品を見ている時など
「自分が自動ドアに用事はない時」はよく自動で開いてくれますね。
何もそんな時に限って開かないでおくれよ、みたいな。

まぁ、この場合は
単にそのコンビニの自動ドアのセンサーの感度がよすぎるだけなのでしょうが。

他にも自分の経験から
「センサーで何かしらの反応を示す機具と自分との関係」
を色々考えてみたのですが、私の場合は、
単に自分がセンサー付き機具との相性が悪いだけなのかも知れません。
あるいは、単にぼけているだけなのか。

投稿者 むすてぃー : 12:51 | トラックバック

2007年05月23日

[雑事]センサーに嫌われがち

なんか妙に疲れたな。
あんまり寝てなかったせいもあるだろうけど。
::::::::::

かなりどうでもいいことなのだけど、敢えて書いてみる。

大手スーパーなどの個室トイレへ入ると、
「手をかざせば水が流れます」
というのがあったりするじゃないですか。
あの、かざした手にセンサーに反応して水が勝手に流れてくれるやつ。

手を触れずに済むので衛生的だよ、というのが売りなのでしょうが
どうも自分は、手をかざすってのが苦手で毎回苦戦してます。

具体的に言えば、手をかざしてもなかなか水が流れない

わざわざ段落を変えたりなどしてまで強調するほど重要な告白なのかといわれれば
全くもってそんなことはないのですが、
しかし、あれをスマートに決める方法ってないですかねぇ?

そもそも、センサーに反応しないことに苦戦しているのが私だけだったら、
正直ちょっと悲しい。

投稿者 むすてぃー : 03:23 | トラックバック

2007年05月21日

[雑事]捕らぬ狸の皮算用

CrossOver Mac 6.1の日本語版がリリースされたようで

マックでウィンドウズソフトを動かすソフトなのだが、
Boot Campなんかと違って、マック内でウィンドウズを立ち上げないので
ウィンドウズのライセンスがいらないのはなかなかいいのではと思う。

ただまぁ、安定性とか互換性に関しての具体的な情報が
あんまり見つからないので、手に入れるならその情報次第かな。
Boot Campより値段は安いのでその点はあまり気にしていないのだが。

と、マックを持っていない人間がのたもうてみる。

投稿者 むすてぃー : 20:20 | トラックバック

2007年05月19日

[拍手返信]5月18日分

全く関係ないけれど『誰も知らない』(映画)が見たい。

DVDレンタルされてますので是非ご覧ください。

柳楽くんの自然な感じの演技も好きですが、
個人的にはYOUさんの演技の方が素敵だと思いました。

「YOUさんの方がむしろ自然なのでは」

なんていうと怒られるかも知れませんが。
彼女の演じている役が役なので。

投稿者 むすてぃー : 02:20 | トラックバック

2007年05月17日

[音楽]秘密の野望

水樹奈々「SECRET AMBITION」を今更聴いてみる。
相変わらずElements Gardenがいい仕事してる。
あのスピード感はたまんねぇな。
カップリングも含めて、熱い。

「Heart-shaped chant」のアルパは上松美香節が出てますな。
作曲の技量ももちろんあるのだが、それにしても存在感がある。

投稿者 むすてぃー : 22:23 | トラックバック

[雑事]親は知らない

やっぱり回線の調子が悪いような感じがする。
今はまだ調子が良いけど。
::::::::::

親知らずを抜いた。

それを親に伝えたのだが、
親が知ってたら「親知らず」って言わないよな、
なんていう、至極どうでもいいことを考えていた自分。

夏が近付いているせいかあんまり食欲がわかないのだけど、
食事しないと処方された薬が飲めない。
さながら「薬を飲むために食事します」ってところだが、
なんか、細身なのにダイエット中と言い張る女の子みたいな感じでダメだな。

投稿者 むすてぃー : 19:19 | トラックバック

2007年05月16日

[雑事]シュビドゥバー

ネット回線がかなりの頻度で切れる上に恐ろしく繋がりにくい。
これだから無線は。
::::::::::

まともに買うと7000円くらいするような本を頂いた。
嬉しい限りです。本当に。
::::::::::

メイド喫茶は店による当たりはずれが大きいように思う。
ミアカフェと横浜にあるの(名前失念)は雰囲気がよいので印象に残ってる。
もう1年近く行ってないけど、どうなっているんでしょうね。メイド喫茶事情。

ミアカフェで印象に残っているのは、
友人が頼んでいた一日限定一食の特大(特盛り)コーヒーゼリーが
どんぶりに盛られて来たことなのだが、
今でもやっているのだろうか。どんぶりコーヒーゼリー。
一度注文してみたかった。どんぶりコーヒーゼリー。
嗚呼、コーヒーゼリー。

文章が昭和歌謡の歌詞みたいな感じになりそうなのでそろそろやめておこう。

投稿者 むすてぃー : 02:39 | トラックバック

2007年05月14日

[音楽]未完成旅行記

東京エスムジカ「未完成旅行記」、ようやく買った。
金欠と売り切れで買うのが先延ばしになってしまい、
結局手に入れたのは発売日から1か月近く経ってからになってしまった。
以前は「予約してフラゲ」か発売日にほとんどゲットしてたのだけどなぁ。

CDが期待通りでよかったのは大変嬉しいのだが、
CDの山から別のCDのブックレットがどっかへ消えてしまってえらいことになった。
すぐ見つかったのでよかったのだが。
エスムジカで良い気分になってるところに邪魔が入ったみたいな感じだな。

どうも、ブックレットを探している時にほこりを吸い込んでしまったらしく、
鼻がまたむずむずし始めた。
なんというか、出鼻をくじかれた気分。

いや別に、「鼻」に引っかけてうまいこと言いたいんじゃないんだけど。

だんだんタイトルから話題それてきた上に
音楽の話題でもなくなってきたので、強引に話を戻す。

洗練された都会の雰囲気と田舎の土臭さを合わせたような、
あるいはもっと簡単に言えば、新しさと懐かしさが合わさったような。
エスムジカの音楽は唯一無二で不思議な感じ。
こういったサウンドは本当に興味深いし、素敵なものだと思う。
演奏技術もあるので表現も豊かだし。

東京でのライヴが日曜だったのはちょっと悔しかったな。
久し振りにライヴへ行ってみたかった。

投稿者 むすてぃー : 06:17 | トラックバック

2007年05月11日

[雑事]アメリカ映画ばかり

まだ買っていなかった東京エスムジカのアルバムである
「未完成旅行記」をバイト先近くのタワレコで買おうと勇み足で行ったら、
見事に売り切れてた。

先週まではあったのに。
私に先駆けて買われたのがなんか悔しい。

でもまぁ、仕方がないので他の店で買うことにしようと思う。
::::::::::

去年から今年にかけて自分が見た映画を一気に纏めてみた。
自分にとっての備忘録みたいなものです。
見た映画を全部取り上げることができたかということに関して
確実性は保証できないけど。

見たところ、アメリカ映画ばっかり見てるな。
他の国とか地域の映画も見るようにしよう。
アフリカとオセアニアの映画は全然見ることができてないので、
ぜひとも見てみたいね。

投稿者 むすてぃー : 04:36 | トラックバック

[映画]「プラダを着た悪魔」

デヴィット・フランケル。アメリカ。2006年。
公式サイト: http://movies.foxjapan.com/devilwearsprada/

テレビドラマ「セックス・アンド・ザ・シティ」の監督による、現代女性を描いた話。
ファッション音痴でも前向きで頑張り屋なアンドレアにしろ、
ファッション界のカリスマとして君臨する冷徹なミランダにしろ、
強く生きる女性の懸命さが魅力的に描かれているのには好感が持てる。

投稿者 むすてぃー : 04:22 | トラックバック

[映画]「スパイダーマン2」

サム・ライミ。アメリカ。2004年。
コロンビア大学学生とスパイダーマン、
二足のわらじを履く(?)ピーターを主人公とした映画の二作目。

個人的には、正直言って微妙。CGはよくできてるんだけど。

投稿者 むすてぃー : 04:17 | トラックバック

[映画]「マリー・アントワネット」

ソフィア・コッポラ。アメリカ。2006年。
公式サイト: http://www.ma-movie.jp/

マリー・アントワネットのいいところ悪いところを強調するのではなく、
一人の女性として心情の変わっていく様子を描いている。
残酷な描写や性描写はほとんどない。
身に纏うドレスや靴などのカラフルさ、豪華さが前面に出てくる。

フランス革命あたりの知識があると時代背景がわかりやすいと思うが、
別に知らなくても充分楽しめる。
ほぼ全体的にフェミニンな感じの雰囲気で、
特に、ヨーロッパの風景に憧れるような女性は見ててかなり楽しめると思う。

投稿者 むすてぃー : 04:03 | トラックバック

[映画]「サージェント・ペッパー」

サンドラ・ネットルベック。ドイツ。2004年。
公式サイト: http://www.s-pepper.com/

いつも着ぐるみを着ているフェリックスと、
彼と会話のできる犬・ペッパーを中心に繰り広げられるハートフルな話。
ほのぼのしていて、それがいい。

フェリックスもペッパーも可愛くて好きなのだが、
個人的にはジモンのキャラに人間くささを感じて割と好感が持てる。
悪役だけど。

投稿者 むすてぃー : 03:53 | トラックバック

[映画]「コーリャ 愛のプラハ」

ヤン・スビエラーク。チェコ、イギリス、フランス合作。1996年。
社会主義体制が終わろうとしていた頃が舞台。

チェコ人のチェロ奏者が、
ロシア語しか話せない5歳の子供の面倒を見る羽目になるのだが、
その成長の過程というか、信頼関係を築いていく過程が素晴らしい。

投稿者 むすてぃー : 03:45 | トラックバック

[映画]「ミスター・ベースボール」

フレッド・スケピシ。アメリカ。1992年。

ヤンキースのスター選手だったジャックが中日ドラゴンズへトレードされ、
日本と米国の文化や習慣に戸惑いながらも成功していく過程を描いている。

ストーリー展開はベタベタ。もちろん最後はハッピーエンド。
典型的なアメリカB級映画だが、何も考えずに見られるし、これはこれで面白い。

ドラゴンズの監督役である高倉健が格好良すぎる。

投稿者 むすてぃー : 03:36 | トラックバック

[音楽]金髪リーゼント

ブライアン゠セッツァー゠オーケストラのアルバムが
近所のレンタルショップにいつの間にやら入っていたので聴いてみた。

久し振りに聴くが、かっこよすぎる。

ストレイキャッツで演ってるセッツァーも好きだが、
個人的にはオーケストラの方が派手で好きだな。

ロカビリーを基調としたギタープレイ、リーゼント、葉巻を吸う姿。
全てが様になっている。
素敵すぎだぜ。

私が真似したら、ドン引きされた挙げ句、友達が減りそうだ。

投稿者 むすてぃー : 00:59 | トラックバック

2007年05月10日

[拍手返信]5月8日分

うちの大学のセブンでテリヤキバーガー味発見しました!!(゜∀゜*) つぃでにサラミもあった♪♪

人気の衰えを知らぬうまい棒に嫉妬。
テリヤキバーガー味は私も時々見かけます。

ちなみにめんたい味は一番人気らしく、そのせいか何処のコンビニでも見かけますね。

投稿者 むすてぃー : 15:39 | トラックバック

2007年05月09日

[雑事]ゲシュタルト崩壊

自分とこの世界との関連性というか、自分の存在意義というか、
そんなようなものが一瞬失われるかのような感覚などで
ゲシュタルト崩壊をたまに起こすことがあります。

自分の存在意義というと、何故だかデカルト先生の有名な言葉を思い出すよ。
前向きに生きたいね。
::::::::::

実は明和電機というアートユニットが好きなのですが、
サイトのプロフィールで

> 土佐正道が35歳で定年退職し

と書かれているのに吹いた。
「定年退職」という表現が素敵すぎる。

投稿者 むすてぃー : 02:20 | トラックバック

2007年05月03日

[雑事]ネガティヴ思考

独り言。

あまりネガティヴにはなりたくないのだけど、
たまにそういう思考に頭が支配されることがあるので、
このへんでそういう思考を出し切ってしまおうと思うよ。
::::::::::

最近は気が滅入ったり、そうでなかったりの繰り返しです。

一度何かミスをするだけで、その後のリズムが崩れる。
「ミスを恐れちゃいけない」というのは使い古された言葉ではあるけれど、
一方で、一度ミスをした後の立て直しの困難さを考えると
「立て直し」という行為自体がプレッシャーに感じられて、すごく息苦しい。

その中に対人関係が絡んでくると怖いね。
特に、「尊重されるべき立場」におられる人間を相手にして何かしらのミスをした時。
ミスの修正時に、恐ろしいくらいの重圧がかかるので。

なんかもう、人が怖くなりそうだわー。
迷惑をかけたりとか、嫌な思いにさせたと思った時はなおさら怖く感じるし、
自分の才能に自信をなくすことも多い。

いやまぁ、自分にとっての嫌な出来事から逃げるつもりはないんだけど、
ただ、更に追い打ちをかけられたら本気で凹むかもな。
自分に存在価値を見いだせなくなる、ということはないようにしたい。

……とはいえ、ちょっとした微笑ましいこととか嬉しいことがあれば
マイナス方向に向いた感情はある程度吹っ飛んでくれる、というのは
個人的には救いなのかも知れない。
自分のそういうところだけは単純でよかったぜ。

投稿者 むすてぃー : 07:59 | トラックバック