歌詞

風の記憶 -Wind Memory-
作詞: watarou 作曲: むすてぃー


白い雪 あぜ道を
僕達はいつも歩いていた
手の上の 雪うさぎ
君は無邪気に笑っていた

今はもう 遠い思い出
終わりを迎えた長い夢
過ぎ去った日々が 風と共に横切る

変わることない この想い
君と過ごした 温もりを
僕はずっと 忘れない
想いを乗せて 風が吹く

雪解けの 水の森
はかなげに咲く ふきのとう
公園の 雪だるま
終わりを告げて 溶けていく

気付いてた 別れの時を
春の訪れに消えていく
冬の間だけ 束の間の奇跡

満月の夜 終わりの日
月の光に照らされて
涙見せずに 笑い合い
冬の終わりを 風に見る

悲しい事なんて 何もない
僕達はいつも笑っていたから

変わることない この想い
君と過ごした 温もりを
僕はずっと 忘れない
想いを乗せて 風が吹く

穏やかな春の風が吹く



染井吉野
作詞・作曲: むすてぃー


桜の舞う頃
出会いと別れが繰り返し来る時期 僕は旅立つ
バックパックに夢も希望も
つめこんだならば 勇んで歩いていこう

まだ見ぬ土地へ 足を踏み入れるのは
そう容易いことじゃないけれど
やわらかな風が吹いたら
そう これをきっかけにして

地図を持って 帆を掲げたら
嫌な思い出を置き去りにして
春風が寂寥を運ぶ前に さあ行こう

染井吉野の 東風吹かば匂う
春の妖精の 残り香だけがある
涙で霞んだ視界の奥には
思い出される過去 紡がれた記憶

「ねえ、覚えてる?」なんて言わないで
追想すると切なくなる
一期一会の友よ また 出会えるまで元気で

僕は歌う 出会いと別れの歌を今 愛でるべき人たちへ
嗚呼 もう行かなければ…
扉の向こうに待つ世界がある

深呼吸をして 気持ち入れ替えて
自由の風に乗れ 己が進む道へ!

まだ見ぬ土地へ 足を踏み入れるのは
そう容易いことじゃないけれど
やわらかな風が吹いたら
そう これをきっかけにして

地図を持って 帆を掲げたら
嫌な思い出を置き去りにして
春風が寂寥を運ぶ前に さあ行こう



ロウミング・エンターテイナー
作詞・作曲: むすてぃー


[Chorus]
One day, the man who can play the guitar
Came singing, singing a song
Down to the main road of this village
People are dismayed by the sight of his dress
But he wanted to make them happy
So he started to sing his song
Whose name is "Please Don't Be Distant With Day Tripper!"
Somehow, they think he's a Romany
Whispered so and they begin to look down upon him
He was worried they just disputed
About love and peace in their territory
So he just wants to please them, please them, please...
As a nice roaming entertainer (trumpeter)

[Bridge]
Hey joker
Entertain us as a geisha's show
We may be entranced by his performance and trick
Yeah, play a triumphal tune on the trumpet
There's no right to complain
If you don't enjoy what you want
No one (can) compete with him
In ability to delight someone
Can you beat him?
Well, show me a performance on the drums (brass)

----------

ある日、ギターを弾ける男が、歌いながら村の大通りにやって来た
村の人々は彼の身なりを見て驚いたが
彼は人々を楽しい気分にさせたいだけだった
まず彼は歌を歌い始めた
「デイトリッパーによそよそしい態度を取らないでおくれ」という名の歌を

どういう訳か、村の人たちは彼をロマニーだと思っている――
囁き声が聞こえ、人々は彼を軽蔑し始めていた
彼はただ狭い見地で愛や平和を議論するだけの人々が心配だった
だから彼は良き流浪のエンターテイナーとして
あるいはトランペッターとして ただ人々を楽しませたいだけなのだ

なあ、道化さんよ
芸者の見せ物みたいに俺らを楽しませておくれ
彼の演奏とトリックにメロメロだろうさ
ああ、トランペットで凱旋の曲を吹いてくれ
自分の求めるものを楽しまない奴に不平を言う権利なんてないんだから

誰かを大いに喜ばせる才能に関しては、彼に並ぶ者なんていないさ
……お前に彼が打ちのめせるのか?
だったら、そこのドラムかブラスを演奏してみせろよ